--年--月--日(--)--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメカジ第38回 「CAMCO(カムコ)」

2011年11月20日(日)11:07

「私は、生涯シャンブレーシャツを誓います」


最近、アメカジ好きの中年男が食べ歩くだけのブログになっている・・・

と思ったので、久しぶりにアメカジの記事を書きます。


冒頭で、突然高らかに宣言してしまいましたが、今回はCAMCO(カムコ)のシャンブレーシャツを紹介します。

まず、シャンブレーシャツとは何ぞや?と思う方も多いと思うので、ちょいと説明。

シャンブレーというのは生地の名前です。シャンブレーシャツはデニム色が多いですが、基本的にはデニムとは

異なります。

それは、織り方の問題で、デニムは綾織りですが、シャンブレーは平織り(※)です。
(※平織りとは縦糸と横糸が交互に編み、よーく見るとチェッカーフラッグのような模様になる織り方)

ですので、シャンブレーはデニム色が多いですが、他の色もあり、私はグレーも持っています。


話はちょっとそれましたが、このシャンブレーシャツは、生地が薄いものが多いですが、何とも言えない

適度な硬さがワークテイストを出し、アメカジにしっくりくるため、私は長年愛用している所以です。


そして、このシャンブレーシャツは色々なブランドが出していますが、私は 「CAMCO(カムコ)」 をお勧めします。

DSC04846.jpg

その理由として、着丈と身幅がちょうど良いから。

この手のシャツは着丈が長く、身幅も太いものが多数で、よくシャツをインナーに着て、シャツがやたら長く

出ていると言うことがありますよね。でもこのCAMCOのシャツはこれがジャスト。


シャンブレーは冬にはインナーとして、その他の時期は一枚で着るのに大変重宝しますよ。

現在はアメリカ製ではないですが、そのDNAを引き継いでいると思って着ています。


是非一枚いかがでしょうか。


 

スポンサーサイト

アメカジ第32回 「Good Wear(グッドウエア)」

2010年10月16日(土)20:57

まぁ、アメカジ好きには、これもド定番ブランドですかね。



Good Wear(グッドウエア)です。


いまだに、made in USAを貫くTシャツメーカーです。


自分も今まで何着買ったかわからないくらい着ました。


有名なのは、ポケT(ポケット付き半そでTシャツ)ですが、最近はスウェットなんかもあります。


私が最近買ったのは、BASEBALL Tシャツです。

GOOD WEAR

BASEBALL Tシャツなので、当たり前ですが、ラグランスリーブ(※注)の7分袖が良いです。
(※注 袖が襟ぐりまで切れ目なく続いている、袖の付け方)


なぜ、数字が"88"なのかは、私は88の爆笑ネタを持っている、ということにしておいて下さい(^_^)



無論、裾は切りっぱなし。

裾


その名の通り、長く愛用出来るグッドウエアです。

タグ


GOOD WEAR グッドウェアー Duofo...

GOOD WEAR グッドウェアー Duofo...

価格:6,195円(税込、送料込)

>GOOD WEAR【グッドウェアー】BASEB...

>GOOD WEAR【グッドウェアー】BASEB...

価格:4,410円(税込、送料別)


アメカジ第24回 「CAMBER(キャンバー)」

2010年05月11日(火)20:32

最近、食べることに目が行き、本旨のアメカジのネタをサボってました・・・


そんな訳で、今回はスウェットのブラントを紹介します。


CAMBER(キャンバー)です。
キャンバー


まぁ昔からあるアメリカブランドですね。今回紹介したのは、半袖スウェットですが、色々な形があります。

ここでは紹介してませんが、裏地がサーマルのフルジップパーカは、かなり暖かくお勧めです。


チャンピオンのリバースウィーブと同じくらいヘビーウェイト(簡単にいうと厚手)です。

ですので、しっかりスウェットを着たいって方にはおススメです。


一着はもっていたいアイテムですな。なんせ、USAメイドですから・・・
タグ


※気になった方は下記サイトをご覧ください。 

     


アメカジ第22回 「セントジェームス(Saint James )」

2010年03月27日(土)17:50

今回はセントジェームス(Saint James )を紹介します。

そうです。ボーダーシャツで有名なブランドです。

セントジェームス




どちかと言うと、女性の方の方が良くご存じかもしれませんね。


このブランドのシャツはmade in FRANCEの為、上品な着こなしから、私の様なアメカジの一部として着こなすことも出

来、非常に重宝してくれます。

タグ




約15年前に買ったものから、つい先日買った新色まで色々ありますが、私はウエッソン(最も定番のシャツ)のソリッド

(単色)を好んで良く着ます。

色々


100年以上前にフランス北部ノルマンディー地方にあるSAINTJAMES市で創設され、あのピカソも愛用していたセントジ

ェームス(Saint James )。アメカジブランドではないですが、着こんだ風合いがアメカジとの相性もとても良くお勧

めです。 


※下記画像をクリックすると、商品を購入できるサイト(amazon.co.jp,楽天市場など)をご覧頂けます
 

     

アメカジ第14回「champion(チャンピオン)」その①

2009年12月13日(日)00:01

今回はアメカジの代表格と言えるアイテムを紹介します。スウェットです。

そしてもちろんスウェットと言えば、champion(チャンピオン)ですよね。

チャンピオン


アメカジ好きの方は、おそらくアメカジ初心者の頃にchampion(チャンピオン)に出会い、そして、

人生を共にすると思います。


なぜ、こんなに同社のスウェットは人気はあるのでしょうか?

それは、ボディ(スウェット自体のこと)の色、デザインの多さ、ガンガン着ることが出来る、頑丈さ、

でしょうかね。そしてなんと言っても、独特のリバースウィーブが味となるんですよね。


ファッション好きの方なら、一度は「リバースウィーブ」と言う単語を耳にしたことがあると思います。

このリバースウィーブとは、縦方向への縮みを無くすために、本来なら縦に使う生地をあえて横に使用し、

この編み生地を縦、横反対にすることから「リバースウィーブ」と呼ばれています。

さらに、両脇部分にリブを採用し、横縮みに対応することが出来ます。

タグ



champion(チャンピオン)のスウェットは必ず古着屋さんにありますので、気に入った色やデザインの

ものがあれば、是非購入してみてはいかがでしょうか・・・


※チャンピオンのスウェットは下記の店舗などで購入可能です

      




IE 5.5000]>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。