--年--月--日(--)--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球界の星、逝く

2010年04月07日(水)21:13

今日は、かなりショックなニュースで一日が始まりました。



ニュースでご存知の方は多いと思いますが、ジャイアンツの木村拓也コーチが亡くなりました。


今月2日の試合前の練習中にくも膜下出血倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまったのです。




このニュースは本当にショックでした・・・




ジャイアンツファンだからでは無く、彼のプレースタイルが大好きだったからです。


プロが放つ打球を処理することは、専門のポジションでも難しいことです。しかし、彼はピッチャー以外

のポジションを全てこなした偉大な選手で、言うなれば、野球界の星でした。


野球選手としては小柄な為、これらのことをやってのけ、一流の選手で居続けることが出来たのは、

普通の選手の何倍も努力し、相当体を酷使したんだと思います。


そのことを物語るのが、昨年の引退時の彼のコメント


「もう野球をしなくていいんだという、ほっとした気持ちがある」に集約されています。



これからは、少し体を休めてジャイアンツを影で支えていって欲しいと思っていた矢先の出来事だった為、

夫婦で彼を応援していた私たちは、にわかに信じられないです。



アテネ五輪での活躍、広島では若い力が台頭して出番がなくなり、ジャイアンツにトレードでやってきて

ベテランらしい持ち味を発揮して活躍し、一華咲かせたこと。特に昨年は負傷退場して急きょキャッチャー

を守り、それをなんなくやってのけたこと、ものすごく格好良かったです。それらが走馬灯の様に蘇ります。


キムタク、本当にたくさんの感動をありがとう。 



真にご冥福をお祈りします。





スポンサーサイト

「プライベートブランドの台頭」

2009年11月09日(月)22:12

■プライベートブランドの台頭■

最近、特にプライベートブランドという言葉を耳にする。大手スーパーなどが独自のブランドで販売され

る、その小売店(グループ)の専用商品である。


その中で、とりわけ熱い戦いを繰り広げているのが、「激安ジーンズ」だ。


「激安ジーンズ」は各小売店から相次いで発売されており、1,000円以下が当たり前といった価格設

定が魅力だ。


私は、ビンテージジーンズ(希少価値のあるジーンズ)なるものに数万円を出費したことがあり、「激安

ジーンズ」とは間逆のものに価値を見出してきた。

しかし、私はこの「激安ジーンズ」に大賛成である。お金が無い方でも気軽におしゃれが出来るし、履

きつぶしたら、またすぐに購入できる価格帯がとても魅力である。


このように、デフレ(デフレーション:継続的な物価下落)の状態はいいことですよね。


ん~本当にデフレは良いのでしょうか?不況化のデフレはさらなるデフレを生む、と言う現象を引き起

こすことがあります。これを「デフレ・スパイラル」といいます。これを簡単に説明します。


商品の質を落とさず低価格化を進める⇒仕方無く従業員の給料を下げざるを得ない⇒その企業の従

業員は消費財を買わなくなる⇒物が売れなくなれば、企業はさらに低価格化を進める⇒また、仕方無

く従業員の給料を下げざるを得ない・・・・・・・

と言った負の連鎖を生む可能性を秘めています。

ですから、不況化では、安易な低価格化を進めない方が良い、という経済評論家もいるのです。


まぁ、ただ我々、いち消費者にとっては、安いことは嬉しいんですけどね。


では、今回はここまでにします。

「JAL(日本航空)について」

2009年11月08日(日)17:48

■JAL(日本航空)について■

今回は今話題のJAL(日本航空)について書いていきたいと思います。


このブログを見ていただいている方で、飛行機に乗った事が無いという方はほとんどいないのではな

いでしょうか。これほど、現代を生きる我々にとって、日常的なものとなってきているのです。


この便利な乗り物は、観光、帰省、ビジネスなどのあらゆるシーンで活躍し、我々の人生を豊かにす

る上で、もはやかかす事が出来ない交通手段の一つです。


そして、今、航空会社の一つ、JAL(日本航空)が危機的な状況になっているのです。

日本航空株式会社法に基づいて設立された航空会社が、1987年に民営化され、日本エアシステム

との経営統合に伴い、今の株式会社日本航空となった経緯があります。


今は財政危機がとりざたされており、特に同社の企業年金が焦点となっています。既述の様に、JAL

はもともと国営企業の為、従業員は国家公務員並みの高給をもらっていました。その頃の従業員が

今でも国家公務員の恩給に相当する年金を受け取っていて、その年金の支給が今日の財政状態に

一層の悪影響を与えていると言われています。


この企業年金については、二つの側面からの意見があります。

■会社経営陣、一般的な世論

 高給な年金は常識はずれ、法整備をして、減額すべし

■旧従業員
 
 自らの生活設計もあり、一民間企業の年金減額の為、法律をつくるなど、財産権の侵害


どちらの意見が正しい、ということはありませんが、私はJAL(日本航空)が破綻した場合、実質、ANA

の独占状態となる為、自由経済下では悪影響が出るのではないか、と懸念しております。また、現社

長は、東証一部上場企業の中で最低水準の給料とも言われており、かなりの企業努力をしていると

思います。


ですから、JAL(日本航空)は継続して、寡占状況の中で、お互い切磋琢磨し、安全およびサービスの

向上を図って頂きたいと願っております。

「ジャイアンツ優勝」

2009年11月07日(土)22:55

■2009年日本シリーズ ジャイアンツ優勝■


私は、生粋のジャイアンツファンです。

学生時代は月曜日が寂しい(月曜日は通常野球の試合がないため)と思うほどの野球観戦好きなの

です。


働く様になってからは、ジャイアンツの選手の獲得方法(いわゆる4番ばかり集める)、球団の方針に

嫌気が差し、あまり力を入れて応援していなかったが、原監督が再就任した為、再び応援しなければ

ならない、という気持ちになったのです。


何せ私の中では 「4番 サード 原」が生き続けているのです。

それにしても、原監督はWBCもありましたし、当たり年でしたね。


ただ、日本ハムファイターズも敵ながらあっぱれでした、展開によっては、どちらに転んでもおかしくな

いシリーズでしたね。(私は道産子でありながら、ジャイアンツを応援する不届き者です・・・)日ハム

の選手にも敬意を表します。


なにはともあれジャイアンツの日本シリーズ制覇で幕を閉じた今年のプロ野球でした。


そんなことで、今日は気持ちが良く眠れそうです・・・

「グッドデザイン賞」

2009年11月06日(金)22:50

最近のニュース(話題)について、幅広く(経済、スポーツ、アンダーグランドな事などまで)とりとめも

ない事を書いていきます。


■2009年グッドデザイン大賞は北海道の『岩見沢複合駅舎』■


何を隠そう、私は道産子でありまして、このニュースは非常に気になりました。

仕事の都合上、岩見沢市に行く機会があり、岩見沢駅の近くを良く車で通っていたこともあり、このト

ピックを見た時、「まさか」と思いました。

なぜ、驚いたかと申しますと、この駅舎は数年前まで、「プレハブ仮駅舎」だったのです。詳しい説明

は割愛しますが、2000年に駅舎が火災により焼失し、私は「プレハブ仮駅舎」がこんなに素敵な駅に

なっていることしりませんでした。

ちなみに下記の写真は私の兄が撮影した実際の駅舎です。

駅舎と雪


まぁ、いずれにしても、不況の真っただ中にある北海道での明るいニュースにうれしく思いました。

ゆったりとした時間



本日はここまで。




IE 5.5000]>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。