--年--月--日(--)--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメカジ第38回 「CAMCO(カムコ)」

2011年11月20日(日)11:07

「私は、生涯シャンブレーシャツを誓います」


最近、アメカジ好きの中年男が食べ歩くだけのブログになっている・・・

と思ったので、久しぶりにアメカジの記事を書きます。


冒頭で、突然高らかに宣言してしまいましたが、今回はCAMCO(カムコ)のシャンブレーシャツを紹介します。

まず、シャンブレーシャツとは何ぞや?と思う方も多いと思うので、ちょいと説明。

シャンブレーというのは生地の名前です。シャンブレーシャツはデニム色が多いですが、基本的にはデニムとは

異なります。

それは、織り方の問題で、デニムは綾織りですが、シャンブレーは平織り(※)です。
(※平織りとは縦糸と横糸が交互に編み、よーく見るとチェッカーフラッグのような模様になる織り方)

ですので、シャンブレーはデニム色が多いですが、他の色もあり、私はグレーも持っています。


話はちょっとそれましたが、このシャンブレーシャツは、生地が薄いものが多いですが、何とも言えない

適度な硬さがワークテイストを出し、アメカジにしっくりくるため、私は長年愛用している所以です。


そして、このシャンブレーシャツは色々なブランドが出していますが、私は 「CAMCO(カムコ)」 をお勧めします。

DSC04846.jpg

その理由として、着丈と身幅がちょうど良いから。

この手のシャツは着丈が長く、身幅も太いものが多数で、よくシャツをインナーに着て、シャツがやたら長く

出ていると言うことがありますよね。でもこのCAMCOのシャツはこれがジャスト。


シャンブレーは冬にはインナーとして、その他の時期は一枚で着るのに大変重宝しますよ。

現在はアメリカ製ではないですが、そのDNAを引き継いでいると思って着ています。


是非一枚いかがでしょうか。


 

スポンサーサイト



IE 5.5000]>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。