FC2ブログ

--年--月--日(--)--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ福島へ

2011年05月05日(木)21:30

なにかと大変な福島県・・・

団体観光客のキャンセルが相次いでいる・・・


じゃ、福島に日帰りで観光に行ってみますか、ということで、

福島県下郷町の「大内宿」に行ってきました。

大内宿1

ん~~こりゃ良い!

江戸時代に宿場であった地が、現在でもその雰囲気をよく残し、田園の中の旧街道沿いに茅葺き民家が整然と並ぶ。

その縁先で、土産物や特産品がところ狭しと並べられ、観光客を出迎える。

大内宿2 昔のポストがあったり・・・

大内宿3 水路でラムネを冷やしていたり・・・

大内宿5 名物を食べたり・・・

大内宿4 可愛いワンちゃんが店番をしてたり・・・
(こんな可愛いワンちゃんがいて、店によらないはずがない、ずるい!と思った)

とまぁ本当に楽しいですわねぇ。


GW前半に行きましたが、普段なら車がかなり混雑するようです。

でも、駐車場もすんなり停められ、やはり震災の影響かな、と思いました。


次に、ここまで来たのだから、塔のへつりも行ってみました。

塔のへつり

南会津東部を流れる大川が形成する渓谷で、荘厳な風景が眼前に広がり普通に良かったです。

ちなみに「へつり」とは、会津方言で、川に迫った険しい断崖のことだそうです。


帰りには、会津若松市により、ご飯にしました。(自分的にはこっちがメインかも)

せっかくなんで、郷土料理を食べようと色々探し、田季野で輪箱飯(わっぱめし)を食べました。

田季野のホームページは ⇒ こちら

私も奥さんも、五種輪箱にしました。(1840円)

田季野1

田季野2

カニ、鮭、キノコ類など5種類の具材が入った定番の輪箱で、言うまでもなく旨いです。

でも1840円ってちとお高いかしら?と迷いが生じましたが、今回の旅行はの趣旨に立ち返り、

これは福島の為だ!などと意味不明な理屈を胸に躊躇せずいただきました。

この店は雰囲気が良いですね。

店舗として移築復元した絲澤舊陣屋(いとざわきゅうじんや)は、鎌倉時代から続く会津西街道(下野街道)の

旧家で、今から約150年から200年前に建てられたものだそうです。

田季野3

田季野4

ご主人らしき人と話をしたのですが、団体客は震災翌日から全てキャンセルでまいっている。

でも、GWは我々の様な個人観光客が多く、例年通りの客足、とのこと。



自分達は美味しく、素敵な景色を見られて、それがほんの少しでも福島の役に立つのであれば、今回の旅行は有意義

だったかな。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nmm36391.blog18.fc2.com/tb.php/207-63d9158a
    この記事へのトラックバック



    IE 5.5000]>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。